碧照ノ樹海 B1F:乾いた森に始まる冒険者たちの序奏

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ピピ、ここがボクたちにとっての第二迷宮デス。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

《碧照ノ樹海》?

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

正確にはそこによく似た場所デス。

タルシス出身の冒険者たちが便宜上そう呼びはじメ、定着しましタ。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

風、心地いい。大自然。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

ずいぶん開けた場所なんだなー。

穏やかな雰囲気すら漂ってるけど、ホントにここ迷宮なのか?

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

魔物や罠を擁し数多の命を吞み込めバ、そこは迷宮といって差し支えないと思われまス。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

命て……いやまあ確かにそうだな。

未知の場所だ、警戒して進もうぜ。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

ラジャー、警戒......

後ろ!

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

おっト、ガウリ?

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

ふぎゅっ。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

え!?

オイどうした、魔物か!?

 

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

いいエ、こちらこそ急に立ち止まってしまいすみませんでしタ。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

ごめんなさい。

何か、後ろ。迫ってるの感じた。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

そんで振り返ったけど、予想以上に距離が近くてお互い避けられなかったのか。

ガウリも案外緊張してたんだなー。

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

……むぅ。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

俺たちも入口近くでわちゃわちゃとスンマセンでした。

えーと……

 

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

お、おう?

 

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

まずヒーラーがいませんヨ。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

やめとけ!やめとけ!

きっと今のはこの人たちの持ちネタみたいなモンなんだ。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

そのフォローもどうかと思いまス。

ピピ。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain
パラディンと、ゾディアック?

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

確かにそれぞれ役割がハッキリしたクラスです。

バランスは良いでしょウ。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

あー、俺たちはギルド「オムニプランツ」だ。

確かにここの探索は今日からだよ、ヨロシク。

 

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

へ、俺たちの目的?

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

どうやら駆け出しの冒険者にそれを訊くことがオリバーさんの趣味のようデス。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

冒険心。

名声。

お金。

どれ?

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

3択かい、そんなモン気になんのか?

んー......そん中なら冒険心を満たすためかなあ。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ボクとガウリもリーダーに同じデス。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

音楽性の違い。大丈夫。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

当面は解散せずに済みそうだな。

ちなみにそう言うそっちの目的は何なんだよ、オリバーさん?

 

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

ふーん、言っちゃなんだけど「らしい」な。

名声とか欲してなさそうだし。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

夢もなさそう。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

冒険心なっ!

そんじゃお互い、この辺で……

 

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

は? 同行? アドバイス?

タダで俺達に付いて探索してくれる……ってコト?

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

それは流石にちょっと警戒してしまいまス。

いたいけなルーキーをどうするつもりでしょウ。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

オイオイ、カスキ。

......うーん、善意の申し出なら俺は無下にできねえ。ガウリはどう思う?

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

理由。知りたい。

なぜ?

 

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

ウチ?

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ガウリ狙いですカ。

ピピピ……分かりましタ、オリバーさんはロリ......

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

やめとけ!やめとけ!

(たぶん)違うだろ!!

つかお前ら失礼すぎだ、こうなったら……

 



 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

(結局2人に同行してもらうことになっちまった)

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

(カイル、オリバーさんの一目惚れを応援するつもりですカ?)

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

(んな訳ねーだろッ、あらゆる意味で。

多分アレだ、同じ年頃の娘がいるとかだきっと)

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ハイ。それはそうとこの「助け合い箱」ですガ。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

中、からっぽ。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

木箱には「持つ者は冒険に役立つ品を入れるべし。

持たざる者は感謝してそれを持ち帰るべし」と書いてありまス。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

じゃあなんか入れとくか。

情けは他人のためならず、っていうしな。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

木の葉っぱ。落ちてた。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

人の心とか無いんか?

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

帰還用アイテム「アリアドネの糸」を入れておきましょウ。

いま持っている役立ちアイテムはこれだけデス。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

ああ、司令部に認められた冒険者だけが売ってもらえるアレか。

確かに便利だよな。

 

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

しっかし何なんだよこの藪。

第一迷宮とはまた別の悪臭だぜ……

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

胸焼け。しそう。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ピピ……明らかになにかありそうデス。

気になりますが、今は他の道を進みましょウ。

 



 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

別にいいけど、オリバーマルコさんは探索中にちょいちょい解説くれるだけで、戦闘はノータッチみたいだな。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

ここの戦闘。

昆虫。多め。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

このバッタは蹴り上げ攻撃が強烈で、俺の耐久がかなりギリギリだぜ。

状況によってはタゲ増やしに前衛を増やす羽目になっちまう。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

僕は陣を張ったあと暇なので前に出て防御しても全然平気デス。

そしてカイルの【ミラージュソード】は後列からでも撃てまス。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

俺の残像の体力と発生率が低いうちは体力あるやつが前衛を務めるしかねえか。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

ちなみに、ウチのフォースブースト【不忍】。

3ターン狙われ率と回避率、アップ。

 

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

素材が入手できる場所では、対応する採集スキルを取れば入手量が増やせまス。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

ちなみに俺は【伐採】が得意だけど、2人は?

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

【伐採】。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

【伐採】デス。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

うお……樵のギルドじゃん。

 



 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

......。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ああ確か二、これはガウリには辛いでしょウ。

 

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

なに。コレ。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ピピ。

さっきから何度も見かけている道を塞ぐ甘い樹木、その破片のようデス。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

バラバラ……

甘い香り、もっとクる。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

お陰でボクたちはこの先へ進めますガ、なぜ破壊されているのでしょウ?

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

おーい、マルコさん達から忠告だ。

どうもこれって獣の仕業らしいぜ、ヤバいのがうろついているらしい。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

獣?

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

......音。近い。

 

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

あれのこと?

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

うおっ、でけえ......熊!?

 

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

いやアンタ達、めっちゃ他人事だな!

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

どうやらここでも口は出しても手は出してくれないようデス。

向かって来ますがどうしますかリーダー。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

戦う?逃げる?

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

そんなモン、なんの覚悟も準備もしてねーんだ。

逃げの一択だろ!

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ちなみにアリアドネの糸は今ありませン、さっき箱に入れたのデ。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

あれ1つきりだったのかよ!?

 

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

後ろから破壊音が聞こえてきまス。

ピピピピ......

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

確認してるヒマがねー、いいから走れ!

 

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

くっそここでエンカウント、また別のヤバそうな獣が......!

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

大丈夫。ソッコー眠らせた。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ボクの腕封じも入りましたのであとは速やかに切り刻んでくださイ。

もたついて追跡者に追いつかれ場合、乱入されるのは明白。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

わーってる、やるぞ!

 



 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

はあ、あー、成程ね……

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

どうやら一定範囲を越えると獣は追うのをやめて元の位置に戻るようデス。

そして途中にあった甘い壁はすべて破壊してくれましタ。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

逃げてる時に聞こえてたあの音だよな。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

これでボクたちが通れる道が大分増えましタ。

今ならあのF.O.Eにも見つからず進めるでしょウ。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

えふおーいー?

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

フィールド・オブ・エネミ―。

諸説ありますが、樹海において視認できる強力な魔物を総じてそう呼びまス。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

あー、聞いたことある。

アレを倒すのはしばらく厳しいだろうな。

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

この樹海。あの熊、他にもいるとして。

みんな甘い香り、嫌い?

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ボクは熊ではないのでなんとも言えませン。

ですがもシ、全個体に共通した習性ならば記憶しておいた方が良さそうデス。

 



 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

地図完成。

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

酒場に新しく出されていた依頼もひと通り解決しましタ。

ですガ、ボクたちの目の前には下り階段がありまス。

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

つまりこの樹海にはまだ先があるってワケだ。

そりゃそうか。

さて……

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

足音。

なにか、上がってくる。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

ん?

 

f:id:akameguro:20201115230917j:plain

血の臭い。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

は!?

 

 

f:id:akameguro:20201115230927j:plain

ピピピ。

 

f:id:akameguro:20201115230901j:plain

おいアンタ血まみれじゃねーか!

やられたって……下層でいったい何が起きたんだ!?

 




^INDEX